よこいファーム 滋賀県高島市安曇川町のお米とニンニク
〒520-1204 滋賀県高島市安曇川町中野292 TEL.0740-33-0823
TOP よこいファームとは 農作物へのこだわり お客様の声 お買い物
農園日誌

農園日誌

カレンダー
← 2018年 2月 →
日 月 火 水 木 金 土
        1 1 1
1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1 1 1 1
1 1 1 1      
2017.11.07
今年度のにんにくの植え付け

やっとやっと畑の状態が良くなり
今年度のにんにくの植え付けが始まります。

台風が過ぎてから、良いお天気の日があっても次の日が雨だったり
なかなか段取りが出来ませんでした。


畝の形成をしながマルチを敷いていく、本当に便利な物がありますね。

にんにくの畑は「泰山寺(たいさんじ)」という山にあります。
同じ安曇川町でも私達が住んでいる所とは 気温も天候も違います。
この「泰山寺」で寒い冬を越し美味しいにんにくになります。

にんにくは収穫までに8〜10ヶ月くらいかかります。
作物の中では長い方ではないでしょうか。
(お米は約4ヶ月半)
長い間土の中で育つので土壌が大切です。
泰山寺特有の「黒ボク土」
フカフカの黒ボク土で育つ六片にんにく。
美味しいはずです!


今年の冬は雪も多くなりそうです。
美味しいにんにく、楽しみです♪
2017.10.25
台風

こんにちは。よこいファームです。

大型の台風が滋賀県を通過し各方面で大変な被害が出ています。

無残なハウスや作物。やりきれない思いです。

その後のお天気も良く無く、後片付けも大変だと思います。

被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。


今週末も台風が予想されています。
被害が無いことを願います。





よこいファームでは2棟のハウスが被害にあったほか
倒木による小屋が破損、24時間の停電・・・
と色々ありましたが
「発電機あるよ〜」「手伝えるよ〜」など
皆さん不自由な中、お声を掛けて下さいました。

本当に有り難く、地域の優しさに感謝しまくりです(^^)


夜中まで作業して下さったお陰で今は電気も復旧し
精米も次々出来ます!
道の駅も元気に営業しています!
安心してお米やにんにく、お買い求め下さいね♪




 
2017.10.07
熟成発酵機を試運転


昨日、青森から黒にんにくの熟成発酵機が搬入されました。

今日は早速試運転♪

約4週間ほどかかるそうなので出来上がりは11月。

楽しみです♪

2017.10.06
2017年の田刈り終わりました

こんにちは、よこいファームです。
昨日、無事に今年の田刈りを終えました。

9月末にはコシヒカリを終え、10月に入ってから日本晴れ、
そして昨日は9月にイベントで手で刈り天日干しをしていたコシヒカリを脱穀し
全て終了しました。


今年は雨が多かったですが日照りも良く美味しいお米が出来ました。
雑草などの課題はありますが、満足いく出来栄えです。


既に新米をお届けしています!
ぜひ、ご賞味下さい。
また、よこいファームでは「小分け梱包」をさせて頂いています。
・重いお米の移動が大変
・米びつに移しにくい
・鮮度を保ちたい
このように感じておられる方も多いと思いますが「小分け梱包」で少しでも解消出来ると思い
サービスさせて頂いています。
ご希望をお伝え下さい。



今日の雨で一段と秋が深まりそうです。


そろそろ「にんにく」の植え付けの準備も始まりそうです。

2017.09.25
田刈りイベント終わりました

素晴らしい秋晴れの中、みんなで田刈をしました。

春にみんなで田植えをした田んぼ。
今年はぜ~んぶ手で刈ります。

子供たちからは「え〜〜〜〜!」
大人は「っと言いつつ、途中で機械が入るのでは?」
私達は「どの位時間かかるかな・・」
と、それぞれの想いがある中黙々と頑張りました!


子供たちは青虫、トカゲ、コオロギに大騒ぎ。
小学6年生チームは凄いスピードで刈り取り、達成感があった様です。


機械が入ること無く全て手で刈り取り天日干しをしました。
暑いほどのお天気の中、汗を流した後の新米とビールは最高に美味しかったですね!



ご参加いただいた皆様、思っていたより重労働でしたね。
最後まで頑張ってくださり、ありがとうございました。




2017.08.01
こんにちは。よこいファーム代表の横井貴志です。
よこいファームは高島市安曇川町でお米とにんにくを丹精こめて栽培している農園です。 
この度ホームページを立ち上げました。 
このホームページでは、よこいファームの栽培に関するこだわりや、大切なお客様の声をスタッフの皆と力を合わせて随時更新していきたいと思っております。 
このホームページを通じて、応援して頂いている皆様とのコミニケーションの場として活用していきたいと思っております。 
どうぞ楽しみにして下さい。         横井貴志
次のページ